学年便りで思う。

学年便りで思う。

こんにちは make life artist-咲花日和-の大橋ゆう子です。

今年は桜も早かったので
梅雨入りも早そう・・・
夏が早く来るのか??
薄着になるからぼちぼちダイエットもがんばらないとな。。。

と、つぶやきですが(笑)

全然話しかわりますが
学年便りってどんなイメージでしょうか??

我が子は1年と3年の娘で
毎月お便りを持って帰ってくるわけです。

学年便りの前半部分にプチお便りてきな物が
書いてあるのですが
私のイメージに過ぎないのですが
定型文的といいますか
決まり切った内容がつらつら書いてある感じ
わかりますかね??
↑説明むずかしい。。。。
「入学して1ヶ月がたちましたが学校生活にはなれましたか?
 元気に挨拶はできていますか?・・・・・・・・」
的なね。
伝わってるかな??

まぁそういう物だと思っていた学年便りが
この度の1年生のものを読んでみると
学校の情景が目に浮かぶような文章で
感情がたくさん盛り込まれており
読むだけで温かい気持ちになるようなものでした。

心理学を扱う私としては「お??」っと気になるのです。
どんな人が書いてるのだろう??
ちょっとこの文章だけではタイプが読み取れないけど
気になる!!!

で、先日ばったり出会いました!!
学年主任に(笑)
で、興味津々の私は
「学年便り」は主任が書かれていますよね?!
ビンゴ!!
タイプ2の学年主任でした。
そう、タイプ2は感情のタイプなので
文章にもそれが現れてるのです。
そしてとても温かい気持ちになった事を伝えると
すごく喜ばれて
「今日も学年便りはいってます!!」と
目をキラキラさせながら教えてくださいました。
そのあたりもめっちゃ2っぽいー!!!


と、「お?」を解決できたことと
自分の気持ちを伝えられたことに満足な大橋なのでした。

 

◆募集中◆ 【エニアグラム心理学】
■1DayセッションはHPメニューのエニアグラム心理学よりお申し込みください。

■講演依頼・相談はメールにてお問い合わせください。
  sakkabiyori@gmail.com

sakkabiyori

Facebookでコメントする。